didn't need to と need not have 、could と could haveの違いは!?助動詞+have の謎

投稿日:

助動詞は簡単そうでややこしいですよね。特に、高校英語になると、have が助動詞について「過去」の意味になる・・なんてルールが追加されるので、急に難しく感じます。

中学の時はmust は have to と同じです。くらいの話だったので、助動詞は楽勝だと思っていたのに・・思う人多いと思います。

have が付くと、過去になる。というと、矛盾に思う人もいますよね。

例えば・・・

did not need to 「~する必要がなかった」 need not have 過去分詞 「~する必要がなかった」

同じ意味じゃない??

ややこしいですよね。

have が助動詞につくときは、「過去」というより、本来、haveってどんな時につく?ということを意識するといいです。

haveが付くときって、どんな時だと習いましたか??

おそらく、パッと思いつくのは・・・完了形ですよね。 または、仮定法でしょうか。

助動詞の現在形+Haveは「完了形」の意味で使われる

これを基本に考えましょう。注意したいのは「現在形の」助動詞です。

need not have ppの使い方

You need not have bought the book.  あなたはその本を買う必要がなかった。(けど買ってしまった)

例文を見ると、(買ってしまった)と言うのがミソです。You have bought the book. (あなたは、その本を買ってしまった。(そして、今もその本を持っている))という完了形の意味が含んでいます。

完了形については

現在完了形と過去形の違いがわかる、たった一つの考え方

今日は「現在完了形」です。 さて、中学1年生で初めて英語を習う子ども達は、簡単な挨拶や、be動詞(I am~)のような簡単な英語からスタートするので、わりと点数がとりやすく、英語って簡単だよね!ってい ...

続きを見る

なので、need not have は、~する必要はなかった(けど、してしまった)←完了形という時に使います。

では、did not need toは??

You did not need to buy the book. あなたはその本を買う必要がなかった。(買ったかは不明)

今回はHaveがついていない過去形ですので、過去の1点の事実を言っているだけです。完了形のように、「今どういう状態か?」はわかりません。

ですので、「実際○○したかはわからない」けど、○○する必要はなかった。と言う場合は、過去形の否定文にします。

助動詞の過去形+Haveは「仮定法」の意味で使われる

それでは、過去形の助動詞にhave がついたときはどうすればいいの??というと、「仮定法」が基本です。

例えば、could と could have の違いは?両方「○○できた」ですよね。

could have の使い方

You could have helped me if you'd tried! 助けようと思ったら、私の事助けられたのに。(実際はできなかった)

仮定法というのは、現実とは違うこと(ありえないこと)を表現する文法です。

would you ~は何故丁寧語なのか? (助動詞と仮定法)

もくじ1 依頼するときに使う助動詞 would2 仮定法って?3 では、なぜwould youは丁寧なんでしょう? 依頼するときに使う助動詞 would 中学英語で助動詞、って習いますよね。 動詞を助 ...

続きを見る

つまり、(実際できなかったけど)~できたのに。という仮定法の意味を出すときは、Could にhave を付けます。

Could の使い方

それでは、Couldは?というと、もうお分かりかと思いますが、「実際にできた」というのがcouldです

He could speak 3 languages. 彼は3か国語話せた。(実際に話せた)

先ほどのhaveが付いたパターンと違いますよね。

いかがだったでしょうか?単にhave が付く、と覚えていると、混乱してしまいます。have の本来の意味が分かれば、ヒントになります。

mayとmight?may have とmight have? どう違う?

「助動詞」というのは、中学生などからすると簡単な文法の部類に入るかもしれません。 I play tennis. 私はテニスができます に can を付けると → I can play tennis.  ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
ほんだくん

ほんだくん

保有資格: TOEIC920点、英検1級 暗記に頼る文法ではなく、論理的に理解できる英文法を書いています。 長文読解が楽になるための文法、たんなるテクニックではなく、自信を持ってTOEICの文法セクションが解けるための文法知識を提供できれば幸いです。 その他、TOEIC900点越え、英検1級まで取得したノウハウを書いていきます。

Copyright© ひとり英語研究所 , 2020 All Rights Reserved.