【比較級】最上級なのにtheがつかない!?比較級なのにthe がつく??習ってたのと違う!!の謎

比較級は何かと比べるとき、erを付ける。「一番」というときはthe とestをつけると最上級になります。 中2くらいでみんな学ぶ内容ですね。けれど、最上級でもthe がつかないこともありますし、比較級にもthe がつく場合がある・・と言われたらどうでしょうか。 英文法でよく聞く「例外」でしょうか。実は、the がつく、つかない、にも理由があります。 比較級とは? まずは、比較級についてかるくご説明いたします。 比較級とは Mike is tall.マイクは背が高い。 という文章があるとします。「比較級」は ...

ReadMore

英検1級、TOEIC900越えのマインドセット 「欠乏マインドを捨て、執着しない」

今回の心構えは、少し不思議な話になるので、怪しいと思う方もいるかもしれません。苦手な方はスルーしてください。 英語学習において、心構え(マインドセット)はとても重要です。英語の学習方法だけを考えていても合格は近づかないと私は思います。 欠乏マインドを捨てる 「欠乏マインド」という言葉があります。 常に何か足りない・・と思っているマインドで、例えば、常に「お金がない」と言っているような状態です。欠乏マインドに陥ると、焦りや恐れに支配され、常に他人との競争ばかりに意識が向いてしまいます。 英語学習においては、 ...

ReadMore

動名詞の意味上の主語「my ~ing(所有格)、 me~ing (目的格)」は同じ意味か違うか

今回は、動名詞の意味上の主語について書いていきます。 動名詞についての全体像は↓ 動名詞は不定詞と似ています。不定詞と同様に、「意味上の主語」というのも存在します。 意味上の主語とは 「意味上の主語」という言葉が出てきましたが、よくわからない言葉ですよね。 ざっくり言うと、文章の主語とは別に、「動作をする人」です。わかりにくいので例文を挙げます。 例えば、I want to study English.(私は英語を勉強したい)という文章では、主語はI (わたし)です。動作(study English) す ...

ReadMore

謎の「It is 形容詞 that should 原形」の文章

英文法を学習していると、この文法は意味がわからない=丸暗記するしかない・・という構文にでくわします。 私にとって、It is 形容詞 that should 原形 は、まさに、「暗記するしかないか・・」と思わせる英文法です。 たとえば、It is natural that he should get angry. (かれが怒るのも当然だ)という文章です。このshould!! why English people!!なんで怒るだけでshouldつけるんだよ!!わけがわからないよ!!と厚切りジェイソン並みに叫 ...

ReadMore

【保存版】TOEIC900点越えに実際に使って効果のあった最強教材集

TOEIC関連の教材は本屋でもネットでも溢れていますね。 数々の教材がありますが、どの教材がいいのか??実際に自分で本屋で探すのもいいかもしれませんが、本当に効果がある教材なのか!?少し不安になりますよね。本屋には同じような本がたくさんあるし、ネット上の教材は、どうも派手な広告で誇大広告の雰囲気があってあやしい・・3日で、ラクラク、、のような文句も飛びついていいものか・・・何を信じていいかわからなくなりますよね。 教材の選び方は人に聞くのも1つの方法です。特に、実際に目指すスコアを取得した人の意見が一番参 ...

ReadMore

難関高校入試や大学入試に出そうな英語の「同音異義語」一覧

難関私立高校を目指している中学生や、大学受験にもたまに出てくる「同音異義語」ですが、難しいですよね。ちなみに、同音異義語とは、同じ音だけど意味が違う単語です。日本語で言えば、「解答」と「解凍」(両方「カイトウ」)みたいなものです! 今回は、cypress(糸杉)とCyprus(キプロス)のような、マニアックなものはひかえて、テストにでそうなものを中心に紹介します。*追記していきます 1~10 one (1)won (winの過去) two (2)too(~も) to(前置詞) four (4)for (前 ...

ReadMore

be to do表現を一発で使いこなせるようになる方法

「be to」の文法が苦手です・・という相談は多いです。特に、英文法の学びが進んでいる方に多いと思います。例えば、You are to go home at 6 p.m. のような文章ですね。さら~っと流せそうな文章ですが、are toで悩んでしまう方が多い・・これには理由があります。 高校以降の不定詞で習うことが多い「be to」の文、TOEICでも頻出です。 なぜ悩んでしまうのか、なぜ苦手意識が多いのか・・それは「意味の丸暗記」をさせられているからです。どういうことですか?というと、「be toの意味 ...

ReadMore

「~するとすぐに」構文まとめ

「~するとすぐに」と訳す英語表現って意外に多いものです。 as soon as などは知っている方も多いと思うのですが、Scarcely~ when…のような文章が長文に出てくると、Scarcely・・?「ほとんどない?」when・・「~するとき」・・意味不明・・というように混乱する方も多いと思います。 今回は、パッと見、「~すぐに」とは訳せなさそうな表現をまとめます。 ☆会話で使われる表現 ① as soon as (~するとすぐに) 例文 I get in the bath as soon as I ...

ReadMore

倒置構文がわからない!!作り方や見分け方

倒置構文は苦手とする人が多いと思います。TOEICや英検、大学入試の長文で頻出ですよね。長文をスラスラ読んでいるときに倒置が出てくると「あれ?」と意味が分からなくなる・・よくある話だと思います。 ある程度パターンが決まっているので、パターンを覚えて、どんな時に倒置が起きるのか?考えたいと思います。 倒置とは何か?なぜ倒置が起きるのか?? そもそも倒置とは何か?というと、主語と動詞の語順が逆になる文章です。 例えば、Never have I seen such a beautiful scene. (こんな ...

ReadMore

受身の前置詞:by以外の前置詞を使う受身。known to/ as / for /の使い分け とsurprise atなどの受身

受身は割とわかりやすい分野です。 能動態:Everyone loves this music. (みんながこの音楽を愛している)→ 受動態 This music is loved by everyone.(この歌はみんなに愛されている) 今回は詳しい説明を省略させていただきますが、このように「~される」という文章になるのが受身の文章です。作り方は、Be動詞を付けて、動詞を過去分詞に変えます。そして、「~によって」という意味のbyを付けるのが基本です。 注意が必要なのは、いつも by じゃないという点です。 ...

ReadMore

はじめに読む3つの記事

1

文法を理解するにあたり、全体図として何を知るべきか、「森」を見たいと思います。「木」はそのあとに見ていきましょう。上の図の赤枠は高校英語です。大事な文法はほとんど中学でやるのがわかります。高校は仮定法 ...

2

英文法で知っておかなければならないのは、「5文型」と「品詞」です。この二つをマスターすれば、英文法はマスターです。 今回は品詞についての全体像をまとめます。 とっても大事なところになります。 必要なの ...

3

5文型・・というと、もう嫌だ、となってしまうのはよくわかります。わからない、と思っても、凹まないでいただきたいと思います。とても大事なことなのですが、英語は「言葉」ですので、これを知らなければいけない ...

Copyright© ひとり英語 , 2019 All Rights Reserved.