【重要】まず、はじめに知ってほしい。これができれば、誰でも、英語をマスターできる。

英検1級を目指したい、TOEICで900点を超えたい、という方は多いと思います。 これから英語学習を始める人もいらっしゃるかもしれません。 英語は言葉ですので、誰でもできるようになります。これは本当です。しかし、現実に、英語ができない・・と悩む方は多いです。 英語学習に関する方法はたくさん出回っています。しかし、同じ教材を使っても、結果が違う・・と言う場合って、とても多いですよね。 何故だと思いますか??実は、英語学習を始める前に、必要な「マインドセット」(心構え)があるのを、知らない人が多いからです。 ...

ReadMore

【受験向け】前置詞で意味が変わる、区別の難しい熟語まとめ 

ここでは、使い分け、見分けの難しい熟語をまとめていきます。 使い分けが難しい、というか、忘れやすい!だから受験などの試験で狙われやすい・・・そんな熟語を集めてみました。 少しずつ更新していく予定です。 in stead of / in place of / on behalf of 「~の代わりに」 いきなりちょっと細かいですが、問題で見たので残しておきます。 instead of と in place of は両方とも「~の代わりに」という意味です。正直、同じように使われるのですが、どっちか選ばせる問題 ...

ReadMore

didn't need to と need not have 、could と could haveの違いは!?助動詞+have の謎

助動詞は簡単そうでややこしいですよね。特に、高校英語になると、have が助動詞について「過去」の意味になる・・なんてルールが追加されるので、急に難しく感じます。 中学の時はmust は have to と同じです。くらいの話だったので、助動詞は楽勝だと思っていたのに・・思う人多いと思います。 have が付くと、過去になる。というと、矛盾に思う人もいますよね。 例えば・・・ did not need to 「~する必要がなかった」 need not have 過去分詞 「~する必要がなかった」 同じ意味 ...

ReadMore

日本人の口ぐせ!?「I am sorry 」より使える謝罪の表現集

オーストラリアで仕事をしていた時のこと。上司によく言われていた事があります。 それは・・・「Don't be sorry.」(誤ってばかりいるな)という言葉。 日本人って、「申し訳ございません」「すみません!」というのが言うのが当たり前ですよね。けど、欧米では「sorry」と言ってしまうと非を認めることとも言えるので、むやみにソーリーは言わない方が良いそうです。 とはいえ、ちょっとしたミスや待ち合わせに遅れた、など、どう考えてもこちらが悪いという場合もありますよね。そんな時、sorryばかり言っていると、 ...

ReadMore

mayとmight?may have とmight have? どう違う?

「助動詞」というのは、中学生などからすると簡単な文法の部類に入るかもしれません。 I play tennis. 私はテニスができます に can を付けると → I can play tennis. 私はテニスができます。 という具合に、動詞に意味を付け加えることができる(動詞を助けている)便利な文法です。基本的に暗記すればいいので、暗記が好きな人には、簡単な文法ですよね。 けれど、高校以降になると、急に面倒になります。なぜなら、「助動詞の過去形」という考えがでてくるためです。can の過去形は、coul ...

ReadMore

人工知能で英語を学ぶ。最新の英語ロボットや翻訳機が凄かった!

ここのところ、テクノロジーの進歩はとどまることを知らない、という感じですよね。どんどん時代は便利になっていってます。 英語学習も、一昔前は「駅前留学」なんて言って、語学学校に行くのが当たり前でした。けど、今はインターネットのおかげで、スカイプやズームのようなアプリで家にいながら英会話までできるようになりました。これは、私のような出不精には最高の時代です。 けれど、ビデオ通話で話すのもキツイ人もいると思います。このサイトは「ひとりで」英語をマスターするのが目的です。内向的で、人に会ったりするのが嫌という人も ...

ReadMore

【英検1級教材まとめ】英単語教材 1万語をどうやって覚えるか?

英検受験において、語彙力はとても重要とされています。単語の学習法についてはこちらの記事でも書いています。 今回は具体的にどんな教材を使えばいいのか、という点をまとめます。 特に英検1級は9000~1万5000語レベルの語彙力が必要と言われています。1万5000語、というと、ネイティブにも「よく知っているね」と言われるレベルの単語です。けど、本当に1万語を「完璧に覚える必用があるのか?」と聞かれると、「1万語は無理でしょう・・」と私は個人的に思います。1級の「パス単」をボロボロになるまで使いましたが、単語集 ...

ReadMore

until (~まで) は、過去完了形と使えるのか?? 受験生が知らない、完了形のひっかけ

中高生の英作文を見ていると、「危うく採点ミスをしてしまう」タイミングがあります。特に、英語ができる生徒ほど、微妙~な英作文を書きますので、こちらも、うっかり「これって正しい英文かな?」「間違いではない気がする・・」という状態になることもあります… 例えば、中学生がふつ~に書くこんな文。 ×He had studied English until it got dark.  (彼は暗くなるまで英語を勉強した)→〇He studied English until it got dark. なぜ!? 完了形はあ ...

ReadMore

時制の一致の例外??それは本当に「例外」なの!?

「時制の一致」というのは、日本人の英文法学習者を悩ませる問題です。 そもそも、日本語と英語の「時間」に対してのとらえ方がまるで違います。日本語は、「私が返ってきた時、彼は勉強しているところでした」のように、過去の事なのに「している」のように現在進行形のような表現を使いますよね。日本語は過去、現在、未来などの時制をあまり使わないので、英語で時制が出てくると「わけわっかんない」状態になってしまいます。 日本語は完了、進行などの「相」を重視する言語なのですね~そのため、時制は分かりにくい文法です。なので、ちょっ ...

ReadMore

英検1級のライティングやスピーチのトピックは難し過ぎる!?背景知識に必須な情報

英検1級、準1級もですが、英作文、スピーチは関門です。 なぜなら、日本人、特に私のような30代、40代の方は英語で発信するなんて言う英語教育を受けてきていません。なので、急に英語でエッセイを書きなさい、スピーチをしなさい、なんて言われてもびっくりしてしまいますよね。 せめて、日常会話でのスピーチにしてほしい・・・けど、英検1級の作文のジャンルは・・社会・教育・科学・国際・環境・医療・政治・経済・ビジネス・・・ほとんどこの中のどれかです。 得意分野はあると思いますが、例えば、文系の人にとって科学についてなん ...

ReadMore

はじめに読む3つの記事

1

文法を理解するにあたり、全体図として何を知るべきか、「森」を見たいと思います。「木」はそのあとに見ていきましょう。上の図の赤枠は高校英語です。大事な文法はほとんど中学でやるのがわかります。高校は仮定法 ...

2

英文法で知っておかなければならないのは、「5文型」と「品詞」です。この二つをマスターすれば、英文法はマスターです。 今回は品詞についての全体像をまとめます。 とっても大事なところになります。 必要なの ...

3

5文型・・というと、もう嫌だ、となってしまうのはよくわかります。わからない、と思っても、凹まないでいただきたいと思います。とても大事なことなのですが、英語は「言葉」ですので、これを知らなければいけない ...

Copyright© ひとり英語研究所 , 2020 All Rights Reserved.