「~するとすぐに」構文まとめ

「~するとすぐに」と訳す英語表現って意外に多いものです。

as soon as などは知っている方も多いと思うのですが、Scarcely~ when…のような文章が長文に出てくると、Scarcely・・?「ほとんどない?」when・・「~するとき」・・意味不明・・というように混乱する方も多いと思います。

今回は、パッと見、「~すぐに」とは訳せなさそうな表現をまとめます。

☆会話で使われる表現

① as soon as (~するとすぐに)

例文

I get in the bath as soon as I get home.

家に帰るとすぐにお風呂にはいります。

as ~ as は比較で「~と同じくらい」と習いますね。soon は「すぐに」という意味なので、「~と同じくらいすぐに」→「~するとすぐに」という意味になります。

一番わかりやすい表現かと思います。

② On ~ing (~すると同時に)

例文

On arriving at the station, we could find her.

駅に着くと同時に彼女を見つけることができた。

onの前置詞のコアは「~に接触して」ですね。それを応用して、「時間の流れに接触している」ニュアンスでも使います。このOnは時間的に接触しているOnです。

~ingは前置詞の後につく動詞が動名詞になって「~ing」になっています。

③ directly, immediately, the instant, the moment(~するとすぐに)

例文

The moment (Immediately, directly, the instant) the earthquake hit the city, she hurried back to her home.

地震が起きるとすぐ、彼女は家に帰った。

Directly S  V, Immediately S V...などの表現につながる使い方です。基本的にdirectly やmoment 自体に「すぐに」という意味が入っているので理解しやす理と思います。

書き言葉でよく使われる表現

④ no sooner ~ than … (~するやいなや)

例文

No sooner had he arrived than he fell sick. 

彼は到着するやいなや病気になった。

大きな感情的な抑揚を表す表現です。倒置されていることからもわかりますね。小説などの物語でよく使われる表現です。

倒置構文がわからない!!作り方や見分け方

倒置構文は苦手とする人が多いと思います。TOEICや英検、大学入試の長文で頻出ですよね。長文をスラスラ読んでいるときに倒置が出てくると「あれ?」と意味が分からなくなる・・よくある話だと思います。 ある ...

続きを見る

倒置しない方法もあります。=He had no sooner arrived than he fell sick.

⑤ hardly (scarcely) ~ before (when) (~するやいなや)

例文

Scarcely (Hardly) had he begun his speech before (when) the audience began to heckle him. 

彼が演説を始めるやいなや聴衆がやじりだした。

No soonerと同じで、倒置になって感情の高ぶりを表現できます。こちらも物語などで使われます。

もちろん倒置しない方法もあります。=He had scarcely begun his speech when the audience begun to heckle him.

  *時制について

④と⑤については過去のことを言うことが多いです。その場合、No soonerやHardlyのあとの時制は過去完了で使われ、thanやwhenのあとが過去形で使われることが多いです。現在について表現することも可能です。




  • この記事を書いた人
ほんだくん

ほんだくん

保有資格: TOEIC920点、英検1級 暗記に頼る文法ではなく、論理的に理解できる英文法を書いています。 長文読解が楽になるための文法、たんなるテクニックではなく、自信を持ってTOEICの文法セクションが解けるための文法知識を提供できれば幸いです。 その他、TOEIC900点越え、英検1級まで取得したノウハウを書いていきます。

© 2023 ひとり英語研究所