「わたしも」の表現 So do I と So I do の違いは??

会話などで、「私もです」という答えをするとき,「So do I」という表現を聞いたことがある方は多いと思います。

Me too. と同じように使えますが、Me tooはカジュアルな表現です。So do I. の方はビジネスの場面でも使える表現なので、とても使いやすいですよね。

ソードゥーアイ!という響きも覚えやすいですので、学生もよく知っている表現です。

そこで、某問題集を見ていたら・・・

(  )の中に適当な語を入れなさい

「君はよく間違いをする」 「その通りだ」

'' You often make mistakes.''      '' So (          ) (            ).  ''

学生は「ソードゥーアイ!」が染み込んでいるので、do I を答えに書いてしまいます。

けれど、実はこれが不正解です。

So do I と So I do の違い

先ほどの問題、答えは「So I do」になります。

私が高校生以上にお勧めしている「マスター英文法」によると・・

So do I の形は「私も~だ」でalso, too の意味を表し、So I do の語順は「その通り」「たしかに」の意味を表す

I like apples.   So do I.  私はリンゴが好き。-「私もです。」

I hear you like apples. So I do.  あなたはリンゴが好きだってね。  -「その通り!」

と書かれています。

なるほど、Me too の意味だと So do I.    その通り!indeed!の意味だと、So I do. となる、というわけです。

では、なぜ語順が変わるだけで意味が変わるのでしょうか?

強調するものは何か?で決まる

So I doとSo do Iですが、何を強調しているかでも決まってきます。

'' You often make mistakes.''      '' So I do.  '' は、前文の内容が真実である、ということを強調しています。

「あなたはよくミスをします」「(私はよくミスをします)そのとおり」

So do Iは、主語を新情報として強調しています

I like apples.   So do I.  私はリンゴが好き。-「私もです。」「私も」という新情報を強調するために、最後に置いています。

英語は、旧情報(相手が知っている情報)→ 新情報(相手が知らない情報)の順番に流れます。

丸暗記するのもいいですが、音読するときに、強調するところを強く発音すると、感情や意味が入るので覚えやすいと思います。

He is a nice guy. (彼はイイヤツだね) So he is!!  is を強く発音して、本当に彼はそういう存在だ

I am hungry. (お腹空いた) So am I !!. (も!)

というように、後ろに来る情報が新情報、伝えたい!という気持ちで強く発音して練習しましょう。そうすると、丸暗記とは違う覚え方ができるかもしれません。

情報構造については

情報構造で理解する。接続詞の順番は??

英語の接続詞は中学で習いますが、割と覚えやすい分野ですよね。 こちらのブログでも、接続詞については↓で詳しく書いています。 今回は、少し細かい話になります。 接続詞を習う時、例えば I watch T ...

続きを見る




  • この記事を書いた人
ほんだくん

ほんだくん

保有資格: TOEIC920点、英検1級 暗記に頼る文法ではなく、論理的に理解できる英文法を書いています。 長文読解が楽になるための文法、たんなるテクニックではなく、自信を持ってTOEICの文法セクションが解けるための文法知識を提供できれば幸いです。 その他、TOEIC900点越え、英検1級まで取得したノウハウを書いていきます。

© 2022 ひとり英語研究所