英文法がいつまでもわからない人がやっている勉強法

英語が得意な人が当たり前にやっているけれど、意外に知らない人が多い、という事はたくさんあります。

そのうちの一つに、前回は脳内で会話をする「リハーサル」ということを英語が得意な人は知らず知らずのうちにやっている、というお話をしました。

英語独学者は、どうやって会話をマスターするか

英語が得意な人が、密かにやっていることがあります。 これは、当たり前すぎて、あまり言われていないことですが、英語をある程度マスターした人は、必ずやっていることだと思います。けれど、あまり知られていない ...

続きを見る

前回は「会話」でしたが、今回は「英文法」です。

英文法がわからない人が知るべき「二つの車輪」

英文法は、よく自転車に例えられます。

どういうことかというと、自転車の車輪が、前輪と後輪がバランスよく回転して動くように、英文法にも、どうしても外せない2つの要素があるということです。それは、

知識と、理解 です。

知識は、英文法の知識(インプット)ですね。

理解、というのは、英文をある程度理屈で分析できるようになる力です。

この2つの車輪がバランスよく回転することで、自転車が走るように英文法もわかってきます。

英文法がわからない人は、「知識」の身に付け方を間違えている

理解、というのは、このブログで書いているような、「文型」や「品詞」で英文を見ていく方法ですが、それだけでは、もちろんダメです。

理解の前には、知識があるのが前提になります。

その「知識」の身に付け方ですが、多くの方が間違って覚えています。

例えば、「助動詞」の分野を学習するとき・・

参考書か文法書を持ってきて、「よし、今日は助動詞の分野を勉強しよう。いろいろあるけど、まずはcanか・・can の用法は、、能力・依頼・可能性・許可・・まずは用法を覚えるか」と、能力、依頼、可能・・などのように覚えていきます。

そのまま問題集に取り組んだりする方もいるかもしれません。

けれど、まず大切なのは、「例文を覚えること」です。例文を覚える、というのは、英語が得意な人にとっては当たり前のことですが、苦手な人は意外にやっていないものです。

ちなみに、こちらは私の高校時代のノートです。

私はいつもノートの右半分に例文を書いて、暗記していました。

まずはとにかくインプットし、「理解」ができるようになったのは、予備校に通ってからです。

この例文のインプットには、計り知れない威力があります。

しかし、中途半端な暗記はいけません。

一瞬で口から英文が飛び出すような暗記です。暗記の方法は最後に書きます。

例文を覚える効用

英語をカタマリで見れるようになる

英文を暗記すると、英語がカタマリで見えるようになってきます。

例えば、I am Tom. という文章を見て、「I だから、『私』 am は『です』そしてTom だから・・・『私はトムです』」というように訳をする人は、よほどの初心者でなければやらないと思います。

I am Tom.を見た瞬間、「私はトムです」と一瞬で訳ができるハズです。

では、I like soccer. はどうでしょう? This is a pen. は??おそらく、スラスラ訳ができるかと思います。それは、あなたの頭の中に、「I like soccer.」という英文が入っているからだとも言えます。

同じように、少し複雑な英文でも、それを覚えてしまうことで、大きなカタマリで見れるようになるのです。そうなると、英語の見え方が違ってきます。

作文がスラスラ書ける

英語が頭に増えてくると、アウトプットできる英語の量も変わってきます。

何度も英語の暗記を繰り返していくと、いつの間にか英語がスラスラ出てくる時がきます。自分でも、なんでこんな英語知っているんだろう・・という風に、英語が降ってくる感じです。

そうなると、英検の作文などはスラスラ書けるようになりますし、スピーチでも口から英語が自然と出てくる状態になります。先ほど書いたように、「カタマリ」で頭に入っていますから、いちいち「私は・・だから I ・・」のように、考えずに英語が飛び出すようになります。

英文予測能力

さらに、英文の予測能力が身につきます。

特に、これはリスニングの時に威力を発揮してくれます。

英語を暗記していると、英語の語順がわかってきます。そうなると、英語を読んだり聞いたりしているときに、次はどういう展開になるかがわかってきます。

すると、リスニングをしていても、次はこんなことを言うだろう。。と予想できるようになります。

英文の覚えかた

それでは、どうやって英文を覚えるか?というと、一番は「音読」です。書いて覚える、という人もいるかもしれませんが、私は音読で覚えるタイプです。

英語を隠して、日本語を見て英語を言う→わからなかったら、すぐ英語を見て音読→すぐ英語を隠して日本語を見て音読・・この繰り返しです。

すぐ忘れてしまっても気にする必要はありません。忘れたころにもう一度確認して、上書き保存してください。

一度に一気に覚えようとせず、染物のように、何度も何度も色を重ねていくイメージで暗記していきましょう。

段々と英語を増やす

人間の脳とは不思議な物で、英文の暗記をしていくと、だんだん英語の覚えが速くなっていきます。

けど、初期の暗記を始める時期、というのは、まったく頭に入ってこない・・

多くの人が、最初の辛い時期に暗記を止めてしまいます。

大きな岩を動かすときも、最初の一歩が一番重く、ツライです。けれど、いったん転がせば。、あなたが力を入れなくても勝手に転がっていきます。

多くの人は、初期の段階が辛すぎて止めてしまいます。どうせ、自分には暗記力がない、、なんて言い出します。

しかし、私は7年以上英語を教えていますが、どの生徒も暗記が速くなります。だから、あなたにも絶対できます

暗記が速くなったら英文の量を増やしていきましょう。例文だけでなく、英語の小説の半ページを暗記してみるとか、量を増やしていきましょう。量に比例するように、英語力は伸びていきます。

例文集は、「瞬間英作文トレーニングシリーズ」がお勧めです。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,980 (2022/01/20 18:53:19時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
ほんだくん

ほんだくん

保有資格: TOEIC920点、英検1級 暗記に頼る文法ではなく、論理的に理解できる英文法を書いています。 長文読解が楽になるための文法、たんなるテクニックではなく、自信を持ってTOEICの文法セクションが解けるための文法知識を提供できれば幸いです。 その他、TOEIC900点越え、英検1級まで取得したノウハウを書いていきます。

© 2022 ひとり英語研究所