ほんだブログ 本田塾の考え方

いくら勉強しても成績があがらない人が共通してやっている悪習慣

日本人の英語を揶揄したアメリカンジョークで、こんなのがあります。

体調が悪く、うずくまっている日本人。そこにアメリカ人が、「How are you?(ごきげんいかが?)」と話しかける。顔面蒼白な日本人は、とっさに「I'm fine thank you. And you? (元気です、あなたは?)」と答えてしまう、というもの。

日本の英語教育は「I'm fine thank you.」という形だけしか教えないから、どんな状況でも「I'm fine thank you.」と答えてしまう、という笑い話だと思いますが、最近、これは笑えない、と思います。むしろ、緊急時でなければ、いつもI'm fine くらいがちょうどいい、と思います。

どういうことかと言うと、例えば、日本語で「元気?」と聞いて、「元気です」と答えられる日本人がどれだけいるか?ということです。

「I'm fine thank you.」と英語では答えていても、日本語だったら「毎日疲れます」「いやな奴がいて困ってます」と答えそうなものです。

私は小中学生と触れ合う事が多いので、子供だったら、「学校が疲れます」「先生が大嫌いです」「勉強ばかりで嫌になります」「勉強がわかりません」・・「元気です!!」といえる人がどれだけいるでしょう。

言葉が性格を作る

当たり前ですが、マイナスな言葉を吐いている生徒は、覇気がありません。もちろん、学力にも関係してきます

マザーテレサの有名な言葉に、以下のようなものがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

思考が言葉になり、言葉が最終的にその人の性格、運命になってしまいます。

一応「英語」という言葉を教える立場として、「言葉」は少し敏感です。

言葉には力がある、と私は信じる方です。

前の記事では、潜在意識、考え方が成績を左右する、といったことを書きましたが、「言葉の使いかた」は同じくらい重要です。

いくら勉強しても成績が上がらない生徒の共通点

人は、自分のセルフイメージ通りの人間になるといわれています。 セルフイメージが高ければ、その通りの人生を歩むそうです。 例えば、「勉強ができるようになりたい」と思ったとします。けど、潜在意識のレベルで ...

続きを見る

塾でも、「言葉には気を付けましょう」と教えています。

言葉の力の実験

潜在意識、言葉の力、などと言っていると、怪しさが半端ではない塾ですが、言葉の力も実験で証明されていますよね。

自由研究などでやっている子供もいるそうですが、ご飯を3つにわけ、1つには「ありがとう」などのいい言葉をかける。2つ目には「ばかやろー」などのネガティブな言葉をかける。3つ目は「無視」をする。

そうすると、ネガティブな言葉をかけたご飯と、無視をしたご飯が、「ありがとう」と声をかけたご飯よりも、圧倒的に腐った・・という実験です。

ちなみに、一番腐ったのは「無視」だそうです。

これが本当なら、人間に対しても同じことが言えると思います。ならば、常に自分に対してネガティブな言葉をかけていたら、自分に少しずつ毒を与えているのと同じかもしれません。

勉強が一瞬でできなくなる言葉

いつも愚痴ばかりを言っていたり、否定的な言葉ばかりを言う子供には、「ネガティブな言葉は周りにも伝染するし、自分の力を弱めますよ」と言っています。実際、オーリングテスト(指でоの形をつくり、力を試す実験)などをすると、ネガティブな言葉を言った後は力が入りません。

話を勉強に戻すと、数ある勉強を出来なくするワードの中でも、選りすぐりのNGワードがあります。これは、私が身をもって体験済みなので、自信を持って言えます。

それは、「わかんね~~」という言葉。

これは本当に危険ワードで、このワードを口に出しただけで、塾代が無駄になる可能性もあると思います。

「わからない~」という言葉は、簡単に言ってしまいますよね。「わからないのだから、わからないといって何が悪い」という話ですが、簡単に言ってしまうから危ないのです。

かくいう私も、数学などの苦手科目では、「わかんない」の常習でした。末期になると、「何がわからないか、わからない」という状態になってしまいます。これは末期です。

「わからない」の危険性

「わからない」の何が危ないのか、というと、その時点で「思考がストップ」するからです。「わからない」といった瞬間、「もう考えるのやーめた」というモードになります。

私もこの年で数学や理科を見ると、よくよく考えればわかる・・と思います。それは歳をとれば思考力も上がっているでしょうが、当時は、「考え抜く」という事をしないで、「わからない」といって投げ出していた・・と思ったのです。

「わからない」は、思考がストップするサインです。

もう一つは、RASが閉じるからです。RASについては、毎回しつこいくらい書いていますが、「脳の情報フィルター」です。脳は、RASという「いらない情報は捨てる」フィルターのようなものを持っています。目に入るすべての情報を脳に入れてしまうと、頭が狂ってしまうからです。

「わからない」という言葉は、RASを閉じてしまうそうです。つまり、「これは必要のない情報」として、脳に入らなくなってしまいます。

勉強法より、心の持ちようが大事だと思います。脳のRASを使いこなそう。

いきなりですが、RASってご存知ですか?・・ラス。ゥルァ~ス?  RASとはReticular activating system日本語では網様体賦活系(もうようたいふかつけい)というそうです。 いち ...

続きを見る

逆に、脳のRASを開く言葉もあります

それは、「なるほど~」だそうです。

もし、わからないことがあったら、とりあえず先生に聞いたり、調べたりして見て、1ミリでもわかったら、「なるほど~」と言ってみるのが良いと思います。

バカらしいかもしれませんが、「わからない」を連発するのか、「なるほど~」と言い続けるのか、この小さい差も、成績には大きな違いになって出てくると思います。

お問い合わせ・体験授業

鵜沢先生の著書

   

-ほんだブログ, 本田塾の考え方

© 2020 福島市 英語塾 高校・大学受験 ウザワシステム本田塾