ほんだブログ 本田塾の考え方 英語全般

ブラックエンジンとホワイトエンジンの違いを理解して英語学習で成功する

「success」(サクセス)=「成功」という単語は、日本語でも使われるので、割と基本的な英単語だと思います。

けれど、その「語源」を知っている人はあまり多くないかもしれません。

語源は単語を覚える時にとても役に立ちますが、今回は語源の話をしたいわけではありません。

英語学習の大切なマインドセットの話です。

「またマインドですか?」という感じですが、英語学習の最初の心構えを間違うと、必ず挫折してしまいます。

succeed の語源

success の動詞は、「succeed 」です。succeedを分解すると

suc 「下に」ceed 「進む」

*suc はもともと「sub」で、cの後には「suc」になります。submarine は、sub(下)marine(海)=潜水艦

suc 「下に」ceed 「進む」ですので、イメージとしては、「後ろをついていく」という意味になります。そのため、もともとは、「後を継ぐ」「連続」、という意味でした。そのため、successive winsは「連勝」という意味になりますね。

その後、「連続して」「後に続く」→「結果」と意味が派生し、「成功」という意味になったそうです。

つまり、継承して何かを生み出す、創造するという意味の言葉なのです。

ホワイトエンジンとブラックエンジン

ここで大事なのが、「success」の意味は、たえることのない「創造活動」の先に成功があるという事です。

学びというのは、イヤイヤ勉強して知識を詰め込むことではありません。

将来、誰かの役にたったり、感謝されたりするために、何かを生み出し、創造する毎日の継続に他ならないと思います。

分かりやすく言うと、心理学では、ホワイトエンジン、ブラックエンジンなどと言われます。

ホワイトエンジンは、感謝や貢献、信頼からくる動機のことをいいます。

ブラックエンジンは、恐れや不安などから来る動機のことをいいます。

あなたの勉強する動機は何ですか?

受験に落ちたら怖い、将来が不安・・そのために学ぶのでしょうか?だとしたら、あなたは常に緊張状態で、脳波はベータ波になり、根性だけでどうにかしようという状態になってしまいます。勉強はツライ、努力、根性・・ブラックエンジンで走っている可能性があります。

もし、お世話になった人のために頑張ろう、とか、将来、英語ができるようになったら世界平和のために働こう、英語を使って、こういう貢献がしてみたい・・

そのような動機であれば、あなたはホワイトエンジンで学びを進めているのだと思います。

脳はアルファ波状態になり、適度に力が抜け、自分の力以上の力が出ます

特に、小中学生にとっては難しいでしょう。しかし、例えばスポーツでも、強いチームはこうした「ホワイトエンジン」がベースになっていると言われています。プロ野球選手も、「子供に夢を与えたい」なんて言いますよね。

受験生は受験が目の前なので、受験に集中すべきでしょうが、そうでないなら、少し受験の先を見て学習をしてみてはいかがでしょうか?

語学はまさにsuccessive effort (継続的な努力)がカギです。

そのためには、エンジンをホワイトエンジンにして、毎日、少しでもいいので継続できることをやるのが英語学習成功のカギです。

英語の「音」を入れるだけでも、継続しましょう。

お問い合わせ・体験授業

鵜沢先生の著書

   

-ほんだブログ, 本田塾の考え方, 英語全般

© 2020 福島市 英語塾 高校・大学受験 ウザワシステム本田塾