ほんだブログ 本田塾の考え方

福島市の小学生、中学生、高校生、2020年も大丈夫です!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。いよいよ2020年。新しい時代に入っていきますね。

「教育」は古い体制からの変化が遅そうですが、「英語教育」はどんどん変わっていくと予感しています。

去年の年末、知り会いの方が、「大丈夫」という言葉はいいですよね。という話をされてました。

何があっても「大丈夫」と言っていうと、大丈夫のような気がしますよね。という話です。

2020年も、大丈夫と思ってやっていきます。

同じように、生徒を見ていると、「信頼」する、というのがとても大事だと思ったりします。

「この子は文法無理そうだな〜」

「この子は勉強だめかもな〜」

「この子は伸びないかもな〜」

「暗記苦手そうだな〜」

「読解力ないな〜」

なんて思ってしまうと、その時点で終了

確かに、表面はそう見えるかもしれない。けど、見えないところではすごい潜在能力を秘めているかもしれない。結局、ダメな人間はいないので。

そこの「信頼」が、何より大切だも思う、本田塾5年目に入る2020年初頭でございます。

そんなの、きれい事ですよ?と言われればそうかもしれませんが、人はこちらが思った通りになるそうです。

??という話ですが、量子物理の世界などでは証明されてるそうです。文系の私にそれ以上は聞かないでください。

「思考」にはフォトンという素粒子があるそうです。携帯の電波のように、私たちの言葉、思考にもエネルギーがあるのがわかったそうです。なので、「この子はダメだな〜」と思ってその子を見てしまうと、あなたの思考は「ダメだな〜フォトン」になって子供に飛んでいきます。子供は全身に浴び「ダメだな~フォトン」を浴び、ダメになってしまうのです。

そんなの見えないし、ウソっぽいです、という話ですが、携帯の電波も見えませんし、放射線も見えませんよね。

日本人が昔から言う「言霊」というのは、あながち嘘ではないのです。

逆もそうですよね。「あなたはすごいよ!」といういいフォトンを浴びせれば、その子の全身の細胞にフォトンが染み渡り、ホントに凄くなっちゃう。というわけです。

受験生の前で「おちる」などと言うと、縁起が悪い!なんてよく言ったものです。日本人は知らず知らずに思考の力、言葉の力を知っていたのでしょう。

ならば、うちの子は大丈夫!入試も大丈夫!将来どうなっても大丈夫!という思考と言葉で、2020年も過ごしてみましょう!

お問い合わせ・体験授業

鵜沢先生の著書

   

-ほんだブログ, 本田塾の考え方

© 2020 福島市 英語塾 高校・大学受験 ウザワシステム本田塾