ほんだブログ

英語学習の教材・参考書の選び方

投稿日:

私は高校時代から英語大好き人間です。英語が嫌いな人から見たら、かなり変人だと思います。

高校入試の失敗がきっかけで、もう負けたくない、のような気持ちが芽生え、人が変わったように高校時代は結構勉強家でした。仲の良い友達と遊ぶことはありましたが、どっちかというと家にいるタイプだったと思います。中学まではスポーツ一筋だったのが、まったく違うタイプに変わりました。高校時代の自分の方が自分らしく生きていたと思います。

そのような高校生だったので、お小遣いなどはほとんど参考書を買ったり、英語教材に充てていました。社会人になってからも、今までいろいろな教材を買ってきましたし、英語教材にかなりの投資をしてきました。

10年前から聞き流し教材や倍速で聞く教材、CD講義の教材・・いろいろありました。いろいろ試してきた中で、教材の良し悪しを見分ける「眼」も育ったと思います。

いい教材を見分けるのに、一つ確実に言えること

色んな教材を試してきて、私なりに確信していることがあります。それは、「聞き流しだけでOK」「○○日ですぐペラペラ」「○○語だけでペラペラ」のような、短期間で急激に話せるようになると謳う教材は止めた方がいい、ということです。

英検、受験で言えば、「これだけでOK」のような、売りたいだけが目的のような教材は、私はお勧めしません。

語学というものは、一週間でマスターできるほどの物ではありません。3つの単語だけで話せる!のようなキャッチコピーは、確かに魅力がありますし、ある意味そうかもしれません。しかし、3語で話せる英語は、その程度の英語です。どのレベルの英語力を目指すのかにもよりますが、教養のある英語は絶対話すことはできません。

英語学習はマラソンのようなものだと認識してください。目先ばかり見ても続かないです。

まだ旅の途中

私も、一応英検1級に受かったときは、今までの英語学習も少しだけど実を結んだな・・とは思いましたが、プロの通訳を見ていると「すごいな~」と感動しますし、映画やテレビの英語を完璧に理解できるか、というと、そんなことはありません。リアム・ギャラガーの英語は未だに何言っているんだろう・・って思います。まだまだ英語学習の旅の途中です。

それでも、とりあえずここまで来た英語力を身につける過程で分かってきた経験に基づいて、「いい教材・参考書」のみを生徒には勧めたいと思います。

お問い合わせ・体験授業

  

-ほんだブログ

Copyright© 福島市 英語塾 高校・大学受験 ウザワシステム本田塾  , 2019 All Rights Reserved.