本田 賢司

福島市出身・法政大学経済学部国際経済学科卒業・ディーキン大学(オーストラリア)国際ビジネス修士課程終了      <資格> TOEIC 920点・実用英語技能検定(英検)1級・TESOL(英語が母国語ではない人々向けの英語教授法資格)・オーストラリア認定留学カウンセラー(QEAC J044)

ご挨拶

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

​2020年から教育が変わると言われています。特に英語は、4技能をバランスよく身につけるのが目標になります。大学受験もスピーキングを含んだ試験への移行が既定路線となっております。

​このような流れを見ていると、英語教育もいい時代になってきたなぁと思います。

​単語や文法を暗記して、○×式の試験で他人より良い点を取るためや、偏差値のより高い学校に入る為の手段として英語の勉強をするのってとってもツマラナイし、それが日本人がいつまでたっても英語ができない原因だと思うからです。

​今までのやり方を全否定することはできませんが、より使える英語を学ぶ英語学習へシフトするときが来たようです。将来英語を使ってやりたいことをするために。外国語を身につけて自分の世界を広げるために。好きな言語を学びたいから。そんな前向きな気持ちで学習ができれば、学生の顔ももう少し明るくなると思います。

​ウザワシステムではわりとマジメに言語としての英語を学びます。色んなところから「切り取ってきた」教科書の英語ではなく、小学生から中学生まで、その年代のネイティブが読む英語の原書をじっくり読む。そして、語学学習の基本である「耳から」たくさんの音を入れる。歌やゲームは一切ありません。それでも子供たちは「楽しい」と言ってくれます。

​受験や検定の為ではない、「語学を学ぶ楽しさ」に子供たちは気づくのだと思います。

母国語以外の言葉がわかると本当に楽しいです。自分の世界が広がります。

​福島の子ども達と、その楽しさを共有できればと思います。

本田塾について詳しくは‥本田塾について